ライフサイエンス 

スイスは、150社を超える企業と14,000人の雇用者数を構える、バイオテクノロジー企業の設立密度(対人口比率)が、世界で最も高い国である事に誇りを持っています。

スイスのバイオテクノロジー産業は、非常に有利な経済および財政環境、製品登録の簡易性、市場への容易なアクセス、さらに企業に適した行政および法定枠組みによってさらに魅力を増しています。

ヴォー州は、革新的なスタートップ企業の発展を推進する数多くのサイエンスパーク、およびインキュベーション施設が開設されています。各サイエンスパークならびにインキュベーターは、最新設備とリソースおよび研究設備を提供しています。ローザンヌBiopôle,ローザンヌ・エキュブラン サイエンスパーク(EPFL),およびイヴェルドン科学技術パーク(Y-Parc)といったテクノロジーパークは、ライフサイエンス産業を常にインスピレーションし続けています。

ヴォー州は、バイオメディカル分野において、欧州の主要研究サイトの一つです。最近発行されたサイエンス誌では、ヨーロッパの“バイオメディカルバレー”の中心地であると認められました。

ライフサイエンス企業は、大学機関およびヴォー州の研究機関の幅広いネットワークを通じて、高度な教育と訓練を受けた意欲ある人材を確保する事ができます。

ヴォー州には、次のような一流の研究機関があります。CHUV(ヴォー州総合大学病院)I’ISREC(スイス癌研究センター)Ludwig癌研究センタースイス・バイオインフォマティックセンターさらにローザンヌ連邦工科大(EPFL)http://www.cibm.ch/page-60442-en.htmlローザンヌ医科大学

バイオテクノロジー企業の欧州における業界リーダーである、メルクセローノは、ヴォー州コルズィエ・スール・ヴヴェイに生産、医薬研究所、ならびに本社を置いています。

地域レベルでは、ヴォー州は BioAlps・バイオアルプ>>の中心核であります。周囲の地域(ジュネーブ、ヌーシャテル、フリブール、ヴァレー)と連携し世界的にも重要なライフサイエンスクラスターを形成しています。

また、ローザンヌとエパランジュの中間に位置するBiopôle株式会社は、バイオテクノロジーと医療技術の分野で活動する企業専用の、問い合わせ窓口としたウェッブサイトBiopôleを開発しました。

ヴォー州には、70社に及ぶ企業そして2,000人を越える従業員が、ライフサイエンス、スタートップ企業、さらにデビオファーム、フェリング・ファーマ、メドトロニク、ベックマン・コルターなど世界的に知られる多国籍企業に至る分野で活躍しています。

関連企業