マイクロナノテクノロジー、精密工学 

マイクロ・ナノテクノロジー、精密工学は、この十数年スイス経済の発展に重要な役割を果たしてきました。

マイクロ・ナノテクノロジー、精密工学が新たなハンドリング技術、および生産技術の発展に大きく貢献した以外にも、精密測定用機器の設置、ならびにプロセス技術の進展によって更に躍進しました。

スイスは、マイクロ・ナノテクノロジー、精密工学を新製品の開発および製造技術に導入することによって、世界的における業界のリーダの地位を築きました。加えて、ナノテクノロジーが医療技術、バイオテクノロジー、科学、環境保護、半導体、光学精度、情報通信技術を含んだ分野で技術的成功を収めています。

マイクロ・ナノテクノロジー、精密工学におけるスイスならびに国際的な企業は、数多くのスイスの研究機関によってサポートされおり、高度なインフラ設備、優秀な人材ならびに素晴らしい労働環境などの援助も受けることができました。その結果、国際的な名声を得た上、とても重要な産業の発展につながりました。

マイクロ・ナノテクノロジー、精密工学の分野に関して、スイスの研究は、材料科学、ハンドリング技術、および生産技術ならびにコンポーネント・システムの研究開発の全範囲をカバーします。マイクロ・ナノテクノロジー、精密工学の最新技術を活用するに当たり、産業部門は大学機関と密接に連携した関係を築きました。スイスは、世界有数のハイテク企業や、世界レベルで最先端の研究、そして安定した金融市場を連結させることで、刺激的なビジネス環境を作りだしています

ヴォー州には精密技術と小型化技術の長い歴史があります。それは、100年以上の歴史を誇る時計産業から受け継ぎ、主にヴァレー・ドゥ・ジュー地域が盛んな時計産業地として有名です。

マイクロテクニック専門のノウハウは、多くの企業や研究所、および精密技術に関わる教育分野(マイクロメカニクス、マイクロ・エレクトロニクス、マイクロシステム)の発展に貢献しました。これらの技術および能力は現在、電気通信、コンピューター、航空学、航空宇宙、医療機器、精密機械、自動車産業、そしてもちろん高級時計にと幅広く使われています。

ヴォー州には、7,300人の従業員を抱え50社を超えるマイクロテクニック企業が存在します。企業全体の年間総売上が30億ユーロを上りますが、輸出額が半分以上を占めています。

大学の研究機関、職業訓練においてもマイクロ・ナノテクノロジーの分野はとても発展しており、次のような各種機関が存在します。ローザンヌ工科大学・マイクロテクニック分野(EPFL)マイクロ・ナノテクノロジー研究所l'Institut de Micro et Nanotechnique de la Haute Ecole d'Ingénierie et de Gestion du Canton de Vaud (HEIG-VD)スイスマイクロテクニック研究協会la Fondation Suisse pour la Recherche en Microtechnique (FSRM).

マイクロテクニックの知識、技術はMicronarcのクラスターにて地域ごとに統括されています。この開発プラットフォームは、スイス西部の企業および大学機関が、マイクロテクノロジー分野において、専門知識と技術の中心地になることを目指し促進しています。

関連企業